ドキュメンタリー映画「マックイーン モードの反逆児」を観てきました。

マックイーンの表現するパワーの凄まじさ、肉体の美しさを導き出すデザイン、エロスとタナトスを感じる闇かかった美しさやグロテスクな魅力にとても惹かれました。映画で流れている曲はマックイーンが愛したマイケル・ナイマンの曲です。マックイーンから依頼されて作られた「Lee’s Sarabande」はじめ映画のために提供され選ばれた曲達によってより心揺さぶられた映画でした。後日、国立新美術館で「ウィーン・モダン クリムト、シーレ世紀末への道」に行ってきました(この事はまた次回に)。ダスタフ・クリムト、エゴン・シーレの個性ある作品を見ていてマックイーンが創り出したショーや洋服はまるで芸術作品を見ているようだったなと思いました。

映画は渋谷 シアター イメージフォーラムで終了未定ですがやっています。興味ありましたら是非見てみて下さい。

映画のサントラ、マイケル・ナイマンの曲はiTunes StoreやApple Music、その他音楽アプリでも聴くことができます。こちらも興味ありましたら聴いてみてください。

スタイリスト山邉