ドキュメンタリー映画「アートのお値段」を観てきました。

アーティスト、オークショニア、コレクター、画商、キュレーター、評論家と様々な立場の考えがあり皆信念を持ってやっていて、その様々な価値観がぶつかり合う世界を見てすごいなと衝撃を受けました。バスキアと同時期にアートシーンに登場したアーティストでジョージ・コンドを初めて知ったり、知らなかった世界を知ることができて面白かったですが、自分は普通に美術館に行って何か感じたり楽しむ方がいいなと思いました。

下高井戸シネマにて12月13日金曜日までやっています。興味ありましたら。

スタイリスト山邉