雨が続いているので関東も梅雨に入ったばかりと思っていましたがまだ入っていないのこと。でも休日は雨でしたので最近はまりだした読書、本を読み耽っていました。以前読んだ小林聡美さんのエッセイ集「わたしの、本のある日々」の中で紹介されていた哺乳動物学者の今泉忠明さんの「猫脳がわかる!」を読みました。

身近な動物でありながら謎も多い猫の生態を解く鍵は、猫脳にあり!と今泉さん。最新の解剖学、動物行動学などの研究成果を踏まえ、猫の魅力に迫った内容になっています。猫が不快ほど覚えているとか、しっぽからの気分表現、言葉を理解している可能性など猫と一緒に暮らしていたときや今飼っている猫たちを思い出してあるある!とか、あれはそうだったんだと思うことばかりで楽しく読むことができました。猫好きだし自分は結構猫について知っている気になっていましたが、本を通じて科学的な視点から見てみると知らないことばかりでした。猫への理解がより深まった気がします。興味がありましたら是非読んでみて下さい。

スタイリスト山邉